《ひとつ前に戻る》 《もくじに戻る》 《ほーむに戻る》

 

「THE iDOLM@STER」Side Story
「遠すぎた道」


初出:2008年12月30日「コミックマーケット75」頒布
改稿:2017年7月1日

 

第三話「熱砂の中で」

 

 日本で765プロの乙女たちが、言い知れぬ不安にかられていた頃――。
 千早たち、五一一便の乗客・乗員はレピーク領内の砂漠地帯を、首都のワスフエニへと向かっていた。
 十数台もの隊列を組んだ軍用トラックの荷台に押し込められ、銃を構えた解放戦線の兵士たちがこちらに銃口を向けている。
 激しい振動と巻き起こる砂塵。
「おれたち、これからどうなるんだ……」
「人質とかいってたが……、まさか、殺されるんじゃ…」
 千早の横にいた乗客が英語でつぶやいた。
 兵士がそれに気付き、何事かわめきながらそいつに銃口をつきつける。
「ヒッ…」
 短く叫んでそいつは沈黙。
 千早はそのやりとりに、言葉にならない恐怖を感じて思わず顔を伏せる。

 それからかなりの時間――乗客・乗員の持っていた時計や携帯電話・コンピュータのたぐいは、飛行機がレピーク領内に着陸した際に没収されていたので、正確な時間は不明だったが――が経って…。
 千早の目の前にいた兵士に別の兵士が近づき、何事か耳うちした。持ち場の交代らしい。
 それをぼんやり見ていた千早であったが、しばらくして、新しく座った方の兵士が、こっちの顔を食い入るように見つめているのに気付いた。
(え、なに、何?)
 予想外の事態にどぎまぎしていると、
「お、おまえは…。もしかして、チハヤ・キサラギ?」
 その兵士はいきなり流暢な日本語で千早に尋ねてきた。
 このトラックに乗せられてから、日本人らしき人物の顔を見ていなかっただけに、千早は思わず目を丸くする。
「……チハヤ・キサラギは私ですが」
 それだけいうのがやっとの千早に、日本語を話してきた兵士は
「やっぱり……。
 できれば、こんな形で会いたくはなかったが……」
 とつぶやくと、銃口を下げて覆面を取る。年の頃はといえば千早とほぼ同じ――二十歳前後の若い兵士だ。
(ぷ、プロデューサー!?)
 思わず心の中で叫ぶ千早。
 というのも、その兵士の目鼻立ちがあまりにも小次郎に似ていたからだ。
 兵士はそんな千早の感情を無視するようにつづける。
「私はダブ・グスマン・ミヤウチ。『レピーク民族解放戦線』特別行動隊隊長。
 世界的シンガーのチハヤ・キサラギと、こんなところで会うとは…」
「ダブ・グスマン」と名乗った兵士のその言葉に、千早はどう応えていいのか分からずどぎまぎしている。
 なにしろ、ここは、それまで彼女の生きてきた世界とは全く違うからだ。彼女の世界には「テロに巻き込まれる」という状況は存在していない――はずだったから。

「……日本語、お上手なんですね。どこで習ったのですか?」
 いつもの千早からは想像もつかないほどオドオドした声で、やっとそれだけ質問を投げかける。ダブは少し困惑した顔で
「習うもなにも……」
 といいかけたその時、かなり遠くでジェット機の爆音らしき音が聞こえ、他の兵士が一斉に騒ぎ出した。
「なんだなんだ?」
「やつら、何を騒ぎ出したんだ?」
 人質となった乗客たちも、自分らを監視している兵士たちのただならぬ気配に不安の色を浮かべる。

 その同時刻、千早たちを載せたトラックの隊列を上空から追跡している数機の機影――レピーク空軍のジェット戦闘機があった。
「アズライール01からアフワズ・コントロールへ。
 敵の増援部隊を発見。これより阻止行動に移る」
 先頭を飛んでいる編隊長機のパイロットは、無線にそう呼びかけると、通信回路を切り替えて
「アズライール01から編隊全機。一撃全弾投下でいくぞ。
 最初に俺と03がいく。02・04はガードに回れ」
「02了解」「03了解」「04も了解」
 僚機からの応答を確認した編隊長は、
「よーし、行こう」
 と、まるで近所の店に買い物にでも行くかのような口調で呼びかけた。
 隊長機はトラック隊の前方に回り込み、上空を一気に飛び越しながら、機体の腹に抱えていた爆弾の束を切り離す。切り離された爆弾はニュートン力学の法則に従って放物線を描きながら落下、地面に到達するや、内蔵された高性能爆薬に化学反応を強制する。その反応――爆発が収まると、今度は03がトラック隊を追い越すような形で同じ動作を繰り返す。
 隊長機と03が上空へ引き上げると、今度は02と04が同じ動作を繰り返す。
 立てつづけに起こった爆発の煙がある程度収まるのを、編隊長は上空から見ていた。
 見たところ、目標となったトラック隊は、その全てが爆風を食らって横転、あるいは燃料に引火して火を噴いており、無事な車両は一両も見えない。
 それを確認した編隊長は、「敵の増援部隊阻止」の目的は達したと判断、機首を巡らせて基地へ引き返した。

 彼らは知らなかった。
「敵の増援部隊」――いま攻撃したトラックに乗せられていたのが、なんの罪もない民間人――解放戦線の捕えた人質であったことを……。
 繰り返すが、彼らレピーク空軍のパイロットたちは、あくまでも「通常の任務」として、「敵」の増援部隊を阻止するという任務を帯びてそこにいたのである……。

 

 ・・・
 それから少しばかりの時が経って……、
「う、ううん……」
 千早の意識が徐々に回復しはじめた。
 何かに身を打ちつけたのか、体の所々が痛むものの、目立った出血はなく、骨にも異常ないようだ。
「いったい、なにがあったの? 爆発があったみたいだけど……」
 そうつぶやきながら身を起こしてみると、千早の眼前には、信じられないような光景が見えていた。
 ついいましがたまで、彼女が乗せられていたトラック群が、あるものは横転し、あるものは見えない巨人の足に踏み潰されたようにひしゃげ、火を噴いていた。
 周辺にはトラックの車体や人間だったもののかけらが散乱、肉とオイルの焼け焦げるようなにおいが辺りを満たしている。
 一見しただけで、この場で生きている人間は彼女以外誰もいないように見える。
 どうやら千早は、さっきの爆発が起こった際に、何らかの弾みでトラックから放り出されて難を逃れたようだ。
「うっ……!」
 いまだにくすぶりつづけている瓦礫の中から、人の手らしきものがはみ出している。千早はその光景に、思わず嘔吐してしまいそうになる。
「ううう……」
 瓦礫の中から身を起こそうとする影がある。その影に千早は見覚えがあった。
「グスマン……さん……?」
「動けるか?」
 千早の姿を見たダブは、苦しそうに千早に問いかけながら
「立って、歩けるなら、私を背負って首都のワスフエニまで連れて行け。これは命令だ!」
 と、千早に拳銃の銃口を向ける。
 見ると、ダブは足からかなり出血している。どう考えても、自力で立って歩けそうにはなかった。
 千早に選択肢はなかった。

「どうやら、生き残ったのはわれわれだけらしい……」
 千早の背中に負われながら、ダブは話しかける。
「……」
 しかし、千早からの反応は返ってこない。
「おまえは……、ほんとうにあのチハヤなのか?
 私の知っているチハヤは……」
 ダブは「信じられない」といいたげなトーンでさらに続ける。
 結構な人数の天使が通って、ようやく千早が口を開く。
「なにか、こう、これが現実だとは思えないんです……。
 あまりにも、いろんなことありすぎて……」
 千早はいまの自分の心境を素直に口にした。
「人があんなにたくさん死ぬのを見たの……、初めてなんだろ?」
 小さくうなずく千早。
「この国は……、この二十年ばかり、ずっとこうだった。
 私は物心ついてからずっと、人がたくさん死ぬのを見てきた」
「どうして? どうしてこんなに、殺しあいをするんですか?」
 千早が当然の質問を投げかけてきた。
「自由と平和を勝ちとるためだ!」
「だからって……」
 ダブはその言葉を遮って
「ここはおまえの国――日本とは違うんだ。
 世の中には、口でいってもわからない輩が大勢いる。
 そんなやつらが、力でもって自由と平和を奪おうとするならば、こっちも力で対抗せざるを得ないんだ。
 誰も、好きで戦争なんかしていない……」
 千早は反論することができなかった。

 また天使が通って……。
 千早は背中に違和感を感じた。
 それに気付いた千早は足を止め、背負っていたダブを地面に降ろす。
 これに驚いたのが当のダブ。
「なぜここで降ろす! ワスフエニへ急げ!」
 激しい口調で抗議する。
 しかし千早は、彼の足もとに視線をやって
「ですが…。その傷…。
 これ以上動いたら…、出血多量で死んでしまいます」
 と、ダブをかつごうとはしない。
ダブは懐から拳銃をとり出し、その銃口を千早に向けて、
「さぁ、もう一度私をおぶって…。早く!」
 と、更に口調を強めて迫るが……、
「じゃあ……、撃ちなさい。
 これ以上人が死ぬのを見るくらいなら、私が死んだほうが…」
 千早の口から飛び出した意外な発言。
 その発言にダブは一瞬固まったが、すぐに表情を崩して銃を落とすと
「お、お願いだ。
 頼むから……。私をワスフエニへ連れていってくれ!
 私が行かないと、大変なことになるんだ!」
 口調をがらっと変え、千早にすがりつくようにそう叫んだ。
「私が帰らないと……、何万もの人間が無駄死にするんだ!」




《続く》

 

《もくじに戻る》 《ほーむに戻る》 《感想を書く》 《続きを読む》